北海道陸協 指導者講習会

2月、北海道陸上競技協会の主催で

指導者講習会がありました。

 

◆日裏 徹也 先生

→立命館慶祥高校 陸上競技部

◆折茂 武彦 さん

→プロバスケットボール選手でレバンガ北海道の選手兼オーナー

◆大村 邦彦 さん

→元東京高校陸上部総監督 現日本体育大学陸上部総監督

 

らのお話と実技を聴講/体験させていただきました。

以下この講習会で気に留めておきたいと思ったワードをざっくりと

 

■試合で使えるか

→その練習は試合につながるか

■習慣

→パーフォーマンスアップに繋がるか、今それ(モノコト行動)は必要か

■規律

→社会・チーム・コミュニティのルールを守る、組織力強化、適応能力

■覚悟

→何かを犠牲にしてでもやり込む覚悟(自分で決めたことだから)

■とらわれない・考え続けない・切りかえる

→過去は変えられない

■心のマネジメント

→オンとオフ、集中力、情熱

■体のマネジメント

→食事、コンディショニングを大切に

■3つの×

→上手く見せたがる、答えを求める、言い訳(他者依存 – 責任転嫁)

■自己犠牲の飲み込み方

→不本意への対応・適応

 

講師のみなさんの言葉は僕の未経験から生まれたものばかり、僕の未来の参考書として活用しなければならないなと。

また異業種からお話いただいた折茂さん、過去にレバンガ北海道のオフシーズンのランニングトレーニングを担当した縁もあり覚えてくれていました。プロであり続ける所以、チームビルディング/運営などトレーニング中は聞けない話を改めて聞くことができ、質問にも答えてくれた。ありがとうございました。シーズン終了までにホームゲーム見にいきます!

写真は折茂さん、気さくです。

レバンガ北海道のHPは『こちら』から

 

 

これからも自分に必要な情報に触れていきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。