部活動支援終了

平成29年度、札幌市中学校の部活動支援終了

月2回程度の派遣、いかに心を通わすか。

アスリートの知識・スキル・経験を提供している側であっても

僕自身は顧問の先生から学ぶつもりで。

 

ブラック部活や教員の働き方改革、

先生方を取り巻く環境が変化しつつあっても

今回ご応募いただき派遣された学校の顧問の先生方は

平素の学校業務は当たり前、その上で部活動に力を注ぎ

生徒たちの思いや可能性、学校生活の充実に力を注いでいた。

バイタリティにほんと感服。

お互いに無いもの、足りないものを補い合える関係に心地よさを感じられる環境でした。

いい1年を過ごせたな。

 

思い返せば始まってすぐ、

アドバイスを送った生徒が泣いてしまうという…。

(きつい言葉とかじゃないですよ、「もっとこう!』的な感じで言ってたら…)

「あぁ、この生徒とは終わったな。。」

と思ったところがシーズンを終えたあたりで

「もっと改善した方がいいとかありませんか?」って。

その選手はシーズン終盤の試合でこれまでよりも良い結果がでたそうで。

 

始まりは微妙だったけど響いてたみたい。

響いてたみたいというよりも、

その生徒に向上心があった証拠。

これからの活躍が楽しみ。

 

みんな可能性がある。

いつまでも体を動かすことが、

陸上競技が楽しいと思ってもらえたら嬉しい。

 

このご縁を大切に、

これからの活躍を楽しみに、

ひっそりチェックしていこうと思います!

 

 

初めてのメッセージ黒板、感動。

 

いいキャラ揃ってるね!

クイズ大会、歩く陸マガが誕生!

生徒からのリクエスト、ハーフみんなと一緒!

 

 

みんな、ありがとうねーーー!!

1件のコメント

  1. 御苦労さまでした。 教えることは学ぶこと—- 素晴らしい 縁 ですね!
    これが終わりではなく、あなたのミッションの通過ですよね!更なる飛躍を祈っております。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です